救援会からのご挨拶 — 2015年7月30日

救援会からのご挨拶

このたびは、3名のためにさまざまなご支援ご協力を頂き、ありがとうございました。

3名に代わり心より御礼申し上げます。おかげさまで6月8日(月)に3名は釈放となりました。

皆様からお寄せいただいた貴重なカンパ金は、救援会の経費・3名への勾留されていた間の生活費補助・弁護士費用・寄付などに使わせていただきました。会計のご報告は別記事の通りです。

当会は決算公開ををもちまして解散いたします。

しかし、政府が市民を無視した政策を次々強行しようとする中、今後も弾圧事件が起きるおそれがあります。

どうぞ今後も共に行動し、お力をお貸しくださいますよう、お願い申し上げます。

5.28 経産省前弾圧救援会

広告
5.28経産省前弾圧救援会出納報告 — 2015年7月12日

5.28経産省前弾圧救援会出納報告

この度の3名の救援活動に対して、多数のみなさまから多大なご支援を頂きました。
あらためてみなさまの救援に深く共感の意を申し上げます。
つきましては、首題の件につき、救援会での議論を踏まえ、ご報告させて頂きます。

 

入金の部
◎カンパ金合計 1,421,797円

 

出金の部
 弁護士報酬 546,000円
 給付金 298,976円
 交通費 133,397円
 会議費 23,455円
 事務用品費 2,367円
 通信費 5,658円
 雑費 80円
 6.4弾圧救援会寄付 30,000円
 救援連絡センター寄付 190,932円
 経産省前テントひろば寄付 190,932円
◎使途金合計 1,421,797円

 

【使途等のご説明】
◎カンパ金合計 集会や激励行動などで頂いた現金や口座への振り込みで頂いた分を合算したカンパ金の合計金額です。

◎弁護士報酬 今回、多数回の接見や書類手続きなどの救援弁護で活動して頂いた弁護士さんにはそれぞれの活動内容に応じた弁護士報酬をお支払いしました。ここではその全合計金額となります。

◎給付金 3名が不当に逮捕勾留されていたことに鑑み、その勾留期間中に得られたであろう収入を「犠給」的な性格の生活支援金として計算し、3名それぞれに同額を手渡しました。また、別途、勾留中の当座の差し入れ現金や差し入れ品の購買費も含まれています。

◎交通費 接見同行や会議参加に掛かった全員の交通費の合計金額です。

◎会議費 救援会議を行うために借りた貸し会議室使用料やお茶代など。

◎事務用品費 事務用品の購入代や資料のコピー代、プリント代など。

◎通信費 カンパへのお礼状や領収書を郵送するため切手代。宛先が分かった方々へ郵送しました。

◎雑費 振込手数料。

◎6.4弾圧救援会寄付 今回の5.28経産省前弾圧と時を同じくして、京丹後米軍Xバンドレーダー基地反対市民運動に対しての弾圧事件が起こっていました。連帯の意を込めて、6.4関西市民運動弾圧救援会さんへカンパを送りました。

◎救援連絡センター寄付 救援会の活動において、救援弁護士の接見日程調整、弁護士との交通、カンパ口座の貸与、会議室の手配など多大な支援に感謝の意を表し、また、次なる弾圧に備える意味で救援連絡センターの運営を補助するために残余金を半分に分けてカンパしました。

◎経産省前テントひろば寄付 弾圧が行われた場所は、経産省前テントひろばがまさに経産省と係争中の裁判に関わる場所と隣接しており、その裁判にも少なからぬ影響があったとの認識があります。また、霞が関周辺や官邸・国会周辺で行われる運動の集合拠点として常日頃から使用させて頂いていること、また今回の救援活動でもお世話になったことに感謝の意を表し、残余金の半分をカンパしました。

「勾留理由開示公判」東京地裁門前集会へのご配慮に感謝します — 2015年6月21日

「勾留理由開示公判」東京地裁門前集会へのご配慮に感謝します

勾留理由開示公判、そして3人釈放の喜びの日となった6月8日、5.28経産省前弾圧救援会では午前8時半より東京地裁門前集会を開催、公判中も門前集会での抗議を行いました。多くの心あるみなさんに参加いただいたことが当日の釈放に繋がったと思います。ありがとうございました。

当日の東京地裁門前では救援会の集合時間に先行して、三里塚芝山連合空港反対同盟の方々が「農地裁判控訴審」の判決公判にむけた宣伝活動を行っていました。救援会から門前集会の時間シェアをお願い申し上げたところ、快くお譲りいただき、すでに設置済みだった幟旗の位置をずらしていただくなどのご配慮をいただきました。

裁判所や行政機関への各種抗議行動ではさまざまな団体の行動がバッティングすることもあり、相互尊重の心でお互いの言論活動の場を確保する風景はつきものですが、ここにあらためて救援会として、当日いただいたご配慮に感謝を申し上げるものです。ありがとうございました。

また、私どもの伝達ミスにより、シェアということでお譲りいただいたにも関わらず、最後まで集会を続けてしまったことをお詫び申し上げます。

カンパの受付を終了します — 2015年6月11日

カンパの受付を終了します

twitterでもご一報申し上げましたが、本救援会宛てのカンパの受付は終了しました。

5月28日以来続いていた3名に対する弾圧は、6月8日の3名の解放をもって終局しました。
この間、たくさんのみなさんからのご支援・ご協力を頂きました。
3名の方々もそれぞれにみなさんに対する感謝の意を述べています。

カンパ金額の最終報告や使途の報告などは、後日、救援会で取りまとめた上で改めてご報告申し上げます。

6月8日の勾留理由開示公判集会で頂いた救援費用カンパのご報告 — 2015年6月10日

6月8日の勾留理由開示公判集会で頂いた救援費用カンパのご報告

6月8日、東京地方裁判所にて、勾留理由開示公判に合わせて行われた救援会呼び掛けの集会に多くのみなさんが集まりました。その場で救援カンパを募ったところ、53,649円ものみなさんのお気持ちを頂きました。3名が解放された今日現在、3名の救援のためにお届け頂いたカンパ金も大きな金額になっています。お寄せ頂いたカンパについては、後日、救援会で取りまとめ次第、その使途も含めて最終的にご報告をさせていただきます。

【速報】3名の仲間たちが釈放されました! — 2015年6月8日

【速報】3名の仲間たちが釈放されました!

twitterでも既にお知らせさせていただきましたが、本日、勾留理由開示公判が行われた後に、3名の仲間たち全員が釈放されました。
3名が逮捕勾留されていたこと自体が不当なことだっただけに、救援にご協力・ご支援頂いたみなさんもホッと胸をなでおろしたことかと拝察します。
なお、釈放の詳細につきましては、事実関係が分かり次第、続報します。
まずは、不当な勾留から解放されて、彼等3名に「自由」が復活してことを、このサイトでもみなさんにも一筆ご報告申し上げました次第です。

振り込み口座へのカンパのご報告 — 2015年6月7日

振り込み口座へのカンパのご報告

今回の3名の「弾圧」は、広く全国のみなさんから必ず救援が必要だとの声とともに多くのご支援を頂いています。

6月6日時点で、救援会宛ての振り込み口座には、約60万円ほどのカンパをお振り込みいただいております。

もちろんこのカンパも全額を3名の救援のために用立てさせて頂きます。

なお、「5.28経済産業省前弾圧救援会」の宛先と明記の無いカンパの振り込みもあるようです。
この場合、他の入金との区別が難しく、正確なカンパ金額を計算するのに困難が生じています。

お手数ですが、お振り込みにてカンパを頂いた方の中で、宛先の明記を省略された方は、救援会メールアドレス(hstkyuen@ybb.ne.jp)まで、お振り込み日時と金額などご教示頂ければ幸いです。

できるだけ、正確な金額をご報告させて頂きたい由、ご高配頂けますようよろしくお願いいたします。

それぞれの激励行動から救援会へ寄せて頂いたカンパのご報告 —

それぞれの激励行動から救援会へ寄せて頂いたカンパのご報告

3名を早期解放したいというみなさんの強い想いを受けて、それぞれの激励行動で集めたカンパを救援会へ寄せて頂きました。

全額を3名の解放のために大切に用立てます。以下、昨日時点のとりまとめをご報告します。

6月4日 辺野古リレーさん呼び掛けの丸の内警察署前激励・抗議行動で、66,530円のカンパを頂きました。

6月5日 〝ロンゲ・ラスタマンと仲間たち〟の炎を絶やさない仲間たちさん呼び掛けの「核も武器も新自由主義もいらない!経産省抗議行動」で、21,150円のカンパを頂きました。

6月6日 ジャージノースリーブマンを励ます会さん呼び掛けの中央警察署前激励・抗議行動で、12,641円のカンパを頂きました。

みなさんのご支援の想いは、不当に勾留されている3名の仲間にも伝えていきます。

6月8日勾留理由開示公判に向けて救援会からみなさんへの呼び掛け — 2015年6月6日

6月8日勾留理由開示公判に向けて救援会からみなさんへの呼び掛け

先日、速報としてみなさんにご報告しましたとおり、6月8日(月)の午前10時から、東京地方裁判所429法廷にて逮捕勾留中の3名の勾留理由を裁判所へ求めるために勾留理由開示公判が開かれます。

つきましては、救援会でも下記の日時で傍聴および集会を呼び掛けます。

●傍聴および集会について

・日  時   6月8日(月)、午前8:30より
・集合場所   東京地裁正門前
・予定概要
 午前8:30よりご参集のみなさんの集まり具合を待ちながら集会を開始します。
 多くの方々がお集まりになると、傍聴が抽選となることが予想されます。
 傍聴の抽選場所への行列は、午前9時過ぎに始まる予定です。
 抽選が行われる時間は、午前9:30より、開廷は午前10:00からとなります。
 抽選に漏れた方たちや集会参加のみなさんで、公判中も地裁正門前で集会を行います。
 公判は、1時間から1時間半の時間が予想されます。
 公判終了後は、傍聴された方による傍聴報告を頂いて集会を終了します。

 ※当日の公判開廷前に、彼等が釈放されることを望んでいます。
  もし、釈放された場合でも、午前8:30からの集会は行いますので迷わずお集まりください。
  なお、今日明日が休日であるため、釈放の報が公判当日の午前8:00頃にあるかもしれません。
  その場合も、午前8:30からの集会が行われますので、ぜひご参集ください。

6月8日10時から勾留理由開示公判が開かれます — 2015年6月5日

6月8日10時から勾留理由開示公判が開かれます

今現在も不当に勾留されている3名を早期に解放するために、勾留理由開示請求をしました。
その請求に対する勾留理由開示公判が以下のように決定されました。
人数に限りがありますが傍聴には我々も列席することができ、3名に直接私たちの姿を見せて、彼等の様子を確認できる数少ない機会です。
そして、この不当な勾留の理由を明らかにさせることにより、彼等の弁護による早期の釈放を促す目的もあります。
みなさんぜひご注目、ご参集お願いします。

【勾留理由開示公判】
・日 時     2015年6月8日(月) 午前10時より
・場 所     東京地方裁判所 429法廷
http://www.courts.go.jp/tokyo/about/syozai/tokyotisai/

※傍聴希望の方は、集合時間や集合場所などを別途、救援会のツイッターアカウントで告知しますので、そちらをご確認ください。
 本公判に関するお問い合わせは、救援会メールアドレスまでお願いします。

【勾留理由開示公判ってなに?】
こちらの伊東良徳弁護士のサイトでの説明が参考になるかと思います。
詳しくこちらのサイト勾留への対抗手段をご一読ください。